寂空脱退のお報せと今後のクラウドファンディングリターンのご案内

平素よりKAO=Sを応援して頂きありがとうございます。本日は皆様に大切なお報せがございます。

2018年1月19日の 恵比寿クレアートでの単独公演 を以って、バンド結成時よりのメンバーである津軽三味線奏者の寂空は、KAO=Sを脱退する事となりました。本年8月末に本人より、長期的な音楽活動のビジョン追求の為に脱退したいという申し出があり、話し合いと諸調整を重ね、本日の発表となりました。

寂空の脱退後は、山切と川渕の二人でKAO=Sの活動を続けて参ります。結成から約七年に亘り、共に音楽を生み出し、多くの国を周り、国際親善やチャリティーなど社会的にも価値ある活動を共にしてきた仲間の脱退は残念ではありますが、KAO=S共々、寂空の今後の活動も応援して頂ければ幸いです。

しかしながら私達は、今夏にクラウドファンディングにて支援者の方々より多額のご支援とご期待を戴きましたニューアルバムと新MV制作の最中にあります。7月の時点でアルバムレコーディングはほぼ終えておりましたが、脱退に伴い変更が生じ、SNSと各クラウドファンディングのページで先週ご案内をさせて頂いたように、当初の予定より制作は遅延しております。

寂空脱退の決定後、このプロジェクトで発表する新作は、山切と川渕の二人による新しいKAO=Sの再出発の作品とすべきと判断し、アルバムのプロデューサーKenji Nakai氏、写真家の有賀幹夫氏、そして映像ディレクターの野田智雄氏にご連絡、それぞれの作品内容や制作日程の変更調整をさせて頂きました。

ミュージックビデオとジャケット写真は、新しいコンセプトに基づき既に撮影を終えております。アルバムは選曲とアレンジを変え、今秋のKenji Nakai氏の再来日後から新曲を加えた新しい方向性で作り直しており、今月末にはレコーディングを終える予定です。

それらの作業の為にお時間を戴いてはおりますが、2018年3月に、KAO=Sのニューアルバムと新MVを発表することをお約束します。本来収録予定であった、寂空との最後のレコーディングとなった数曲は〝3人のKAO=Sのラスト音源〟として完成させ、クラウドファンディングご支援者の方々全員には、お申し込みのコースのリターンと併せてお届けいたします。(リターンについての詳細はモーションギャラリー及びご案内メールをご参照ください。)

KAO=Sを応援してくださる皆様、関係者の皆様には、大変なご心配、ご迷惑をお掛けする事となり、誠に申し訳ありません。音楽の旅路は分かれる事となりますが、これまでKAO=Sに大きな冒険をもたらしてくれた寂空も、新体制KAO=Sも、これからも音楽とパフォーマンスをお愉しみ頂けるよう一層邁進してまいりますので、どうぞ変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

 

2017年12月16日

KAO=S

kao=s official dacebook